アプリ攻略
apptitle
和室脱出ゲーム

おなじみとなったおばちゃんの脱出ゲーム。今回は「和室」からの脱出を試みる。
公式発表の難易度は「そこそこ」。今回も前作同様、エンディングはノーマルとハッピーに分かれている。

@@@


攻略その3

「鍵」で開けて、「青い棒」を入手。

左に移動して、障子のマスを1つずつ調べると、右下のような配置で何かが書かれている。
※ 右下の写真は位置関係を分かりやすくするために加工してあります。

ちなみに上段中央は『梨=無し』となり、ここは何もない事になる。
下段中央は絵の通り『茶』がこのマスの色になる。

畳の下の左下にある暗号から解く。
左上の『ポ』はポケベルの事を指しており、その位置にあった暗号『32 95』をポケベル入力で変換する。
ポケベル入力は『あ=11、い=12、う=13、か=21』のように2桁の数字を母音と子音で分けてある。
『32 95』をひらがなにすると、『しろ』となる。

次に中央の『A』は、携帯端末で文字入力する際のアルファベットの位置に注目。
障子の暗号は『66 666 66 33』となっているので、これを携帯でアルファベット入力すると『NONE』となる。つまりこの枠は何も無しという事。

最後の『あ』も同様に、障子の『1 11111』を携帯でひらがな入力すると『あお』になる。

続いて、障子の右上にある『◎』の解き方。
これは「メモ」の裏がヒントになっており、『烏賊⇔秋 = IKA⇔AKI』、『春⇔裏・H = HARU⇔URAH』というようにローマ字にすると逆の並びになる。
表の『烏賊・猿・M』をローマ字にして逆にすると、『MURASAKI(紫)』となる。

次に障子の中央左の『▲』の解き方。
花瓶の左下にヒントが書かれている。
『A=×、I=×、!=×』、『B=○、F=○、?=○』は、左右対称の文字を消して、左右非対称の文字を残すという事。
左のアルファベットで左右非対称の物を残して並び替えると、『RED(赤)』となる。

突いて障子の中央右の『□』の解き方。
押入れの下の壁に書かれているのがヒントになる。
アルファベットをマスの中に左上から縦に入れていくと、

KOKO
WANA
SHI!

となり、『ここは無し!』という事になる。

次に障子の左下の『△』の解き方。
まず壁の絵の式で、最初のピアノの数字は『①ミ、②ド』となる。
下の絵は『(檻(オリ)-尾(オ)』という事で、『リ』となる。
全て繋げると『ミドリ(緑)』となるが、人形の右下に『黒=緑』となっているので、ここの色は『黒』になる。

全てのマスの色の配置が分かったら、ハッチの穴に対応した色の「棒」を入れていく。
部屋にあった時計の針が上向きの矢印になっていたため、ここでも矢印の向きを合わせて右方向が上という事になる。

正しく入れたら障子の扉が開く。
このまま脱出すると、ノーマルエンドへ。

ハッピーエンドにするには、「黒い棒」だけ謎を解いた後に抜いて、人形の目に戻す必要がある。

カテゴリ一覧

PAGE TOP