アプリ紹介
apptitle
WorldCard Mobile - 名刺認識管理


外出先で頂いた名刺をその場で取り込んでiPhoneで管理できるアプリ。 認識率の高さでは世界中で高い評価を得ている。

主な機能
●認識言語:日本語及び英語の名刺を認識可能
●名刺をカメラで撮影し、高速に高い認識で認識
●手ブレ防止機能付き
●認識された名刺情報を自動的に分析し、連絡先の各項目に振り分け
●メール署名を認識し、連絡先の各項目に振り分け
●連絡先に登録する前に入力内容を確認、編集可能
●グループ式の編集画面で、情報を分かりやすく入力し、写真を追加することも簡単
●写真アルバムに保存した名刺画像をロードし、名刺情報を認識可能
●認識された名刺情報を連絡先の各グループに保存可能
●「World Card Contacts」コンタクト管理アプリ(別売)と連携し、さらにレベルアップした名刺管理ソリューションをご提供

初期画面の「カメラ」からスタート。中央にあるジャイロスコープの方向に文字の方向を合わせるよう指示があるが、とりあえず横書き名刺が全体に収まるように無視して横向きで撮影。

撮ったあとに右下のボタンで90度回転させて、文字の向きを合わせる。

右上の「認識」を押して、正しく認識されたか確認。初めての使用で光量にも不安があったが住所まで全ての情報で正確に認識された。

最後に右上の「エクスポート」を押して、連絡帳に登録完了。

続いて縦書きの名刺も試してみた。こちらも問題なく全ての情報を正確に読み取れた。
縦書き名刺にありがちな漢数字の番地表記もそのままで認識されるので、ここらへんはあとで修正する必要があった。

写真の撮り方が悪かったり複雑な構成の名刺で正しく認識されなかった場合は、青い枠を操作して認識されなかった部分を選択する。

送られてきたメールの署名欄も簡単に振り分けられる。
上方部分をコピーして、ホーム画面も「署名(Signature)」をタップ。

次の画面でコピーしたデータを確認、右上の「認識」ボタンで完了。

こちらはもともとがデジタルデータなので、誤認識も無くスムーズに登録できる。
尚、撮った名刺画像はiPhoneの連絡先の構造制限のため「カメラロール」に保存される。画像と名刺情報を一括管理するためのコンタクト管理アプリケーション「World Card Contacts」を使用すれば、名刺管理もさらにパワーアップする。



カテゴリ一覧

PAGE TOP