アプリ紹介
apptitle
携帯USBメモリ - OrganiDoc


最強の文書管理アプリ-日本語対応
下記のように、こういう悩みや疑問がお持ちの方に、OrganiDocがあなたにぴったりな最強の文書管理アプリソリューションです。
1.突然にメールに添付された重要なファイルを見たい時に、サーバーからもう一度メールをロードしないと見られない。
2.iPhoneは使用容量に余裕があり、どのようにうまく利用するのか分からない。
3.無料なクラウドストレージを使い、ファイルのバックアップ・共有、またはいつでもiPhoneで閲覧したい。
4.個人なドキュメント、画像またはビデオがたくさんあり、他人にアクセスさせない場所で保存したい。
5.Eメールに添付されたZIPやRARなどの圧縮ファイルが常に解凍できない。
6.iPhoneがUSBフラッシュメモリとして使い、いつでも重要な書類を持ち歩きたい。

日々、スマートフォンが新しい機能やサービスが充実していく上で、スマートフォンのパイオニアであるiPhoneを使用し、うまくAppを利用すれば、iPhoneがパーソナルコンピュータとして使うことができます。ですから、どんな風にiPhone上の文書管理がとても肝心です。OrganiDocは強大な機能を備えた文書管理Appであり、それにユーザーインターフェースが有名なデザイナーより設計され、あなたに素晴らしい体験をもたらします。

主な機能:
1.簡単にiTunesでドキュメント、画像またはビデオをPCからiPhoneへ転送し、いつでも、どこにいても閲覧や管理可能。
2.国内初となるドキュメント、画像またはビデオに対応したユーザインタフェースにそれぞれのファイルを表示し、効率よく管理可能。
3.全員に公開したり、非公開したりするなどのアクセス権限により、ドキュメント、画像またはビデオを管理可能。
4.Eメールの添付ファイルをダイレクトにOrganiDocに転送し保存可能。
5.無料なGoogleドキュメント/Dropboxを使用し、ファイルをクラウド上にバックアップ、またはiPhoneにダウンロード可能。
6.いつでもGoogleドキュメント/Dropboxの共有状態を閲覧する。
7.手軽にファイルへアクセスできるように、ZIPやRARなどの圧縮ファイルを自動解凍し、OrganiDocに保存可能。
8.iPhoneの文書管理センターとしてのOrganiDocを使用し、いつでもOrganiDocに保存されたファイルをEメールで送信や他のappに転送し編集可能。
9.ケーブルがなくてもWiFi経由でブラウザからOrganiDoc内のファイルをアクセス・管理可能。
10.多くのファイルフォーマットをサポートし、直接にiPhoneで閲覧可能。対応ファイルフォーマットは下記の一覧表にご覧ください。

a. MS Office (doc, docx, xls, xlsx, ppt, pptx, pps, ppsx…)

b. iWorks '09, '08, '06 ファイル (key, numbers, pages, key.zip, numbers.zip, pages.zip)
c. PDFファイル (pdf)
d. テキストファイル (txt, rtf, rtfd)
e. ウェブファイルWeb files (htm, html, xml, svg), Safari Web Archives (webarchive).

f. 圧縮ファイル (zip, rar)
g. イメージファイル (jpg, tif, png, gif, bmp, BMPf, ico, cur, xbm)
h. ビデオファイル (mp4, mov, m4v, 3gp, 3gp2, 3g2…)

iTunesに繋いで「Appタブ」のファイル共有のところにファイルをドロップしていくだけ。

画像・動画はもちろん、ExcelファイルもPDFファイルもいつでも確認可能。
パスコードを設定しておけば自分以外に見られることもなく非常に便利。

GoogleドキュメントやDropboxなどのオンラインストレージサービスともファイル共有ができて、クラウド上のファイルにいつでもアクセス可能。

Googleドキュメントと共有したところ。このように自宅のHDD意外にファイルのバックアップをとっておけて、かつどこでも閲覧可能なのは非常にありがたい。
Dropboxについては、こちらのサイトで詳しく説明しています。



カテゴリ一覧

PAGE TOP