デベロッパーリスト

SpiceApp Studios Inc.

Update

脱出ゲーム コレクター

過去にリリースされた古き良き時代の脱出ゲームが、グラフィックを強化してリニューアル!
以下、過去作リリース時のストーリー。

僕は貿易会社に勤務しているごく普通のサラリーマンだ。今日はたまたま独りで残業していた。
突然、オフィスの電話が鳴った。受話器を取ると、なんと社長からだ。
「至急、"秘密"を持って来てくれないか...社長室に行けばわかる。」
それだけ言うと電話は切れた。なぜ僕が?秘密とは?

脱出ゲーム Scoop – スクープ

過去にリリースされた古き良き時代の脱出ゲームが、グラフィックを強化してリニューアル!
以下、過去作リリース時のストーリー。

雑踏に紛れてカメラのシャッターを切る。スクープを撮るためなら手段を選ばない。
ファインダー越しに見る著名人のプライベートを切り取り生計を立てる我々は、時に危険な事態に遭遇する。
その日は、数週間に渡り追っていた大物俳優の浮気現場を押さえ、帰社しようとした時だった。

脱出ゲーム 美しい住人

過去にリリースされた古き良き時代の脱出ゲームが、グラフィックを強化してリニューアル!
以下、過去作リリース時のストーリー。

僕はクリーニング店の店員。
主な仕事はお得意様の家を回って洗濯物を受け取ることだ。
今日、僕がやって来たのはとあるお金持ちが住むというお屋敷。
ここの主は変わり者で、誰の前にも姿を見せないことで知られている。
僕はいつも、ビル前に置かれている洗濯物のカゴを受け取って帰るだけだ。
……だが。今日に限ってビルの前にカゴは置かれていなかった。
「おかしいな? いつもだったら洗濯物が置かれているのに……。留守かな?」
不審に思った僕は、今まで入ったことのない屋敷の中に足を踏み入れてみた。
「もしもーし。洗濯物の回収に来ました。留守ですかー?」
……と、その時。重々しい音とともに扉が閉まり、僕は中に閉じ込められてしまった!
慌てて外に出ようとしたが、扉はびくともしない。
どうやら閉じ込められてしまったようだ……。

脱出ゲーム 犯人探し

過去にリリースされた古き良き時代の脱出ゲームが、グラフィックを強化してリニューアル!
以下、過去作リリース時のストーリー。

「3丁目の屋敷から死体が発見されたらしい――。」サスペンスドラマに目がない友人が、興奮気味にこう切り出した。
「犯人はまだ捕まっていない。部屋の中には証拠品がまだ残っているかも知れない。今夜、犯人探しをしてみないか?」僕は、興味を駆り立てられ二つ返事で応じた。
「じゃあ、屋敷に1時に集合だ。俺は先に行ってじっくり屋敷の中を探索している。君は、1時に玄関から入ってくればいい。」そう言われ、時間通りに玄関から室内へ入ったが、
友人の姿は見当たらなかった。その時――
ドアが閉ざされ、開ける事が出来なくなってしまった。まさか犯人が戻ってきたのか……?

脱出ゲーム Hustler in the dark - ハスラーインザダーク

過去にリリースされた古き良き時代の脱出ゲームが、グラフィックを強化してリニューアル!
以下、過去作リリース時のストーリー。

俺は、裏の世界では名の知れたハスラー。汚い金で懐を肥やしている奴らから金を巻き上げるのが俺の商売だ。そんな俺が、とある製薬会社の会長からのご指名で豪華なホテルに招待された……。

脱出ゲーム The lost CD - 消えたCD

過去にリリースされた古き良き時代の脱出ゲームが、グラフィックを強化してリニューアル!
以下、過去作リリース時のストーリー。

今日は、お世話になっている教授が研究結果をプレゼンする事になっている。しかしプレゼン資料が入ったCDが盗まれてしまった。そして俺は、教授に頼まれて資料をコピーしたCDを取りに研究室へ足を踏み入れた。しかし、何者かによって閉じ込められた。

脱出ゲーム カモフラージュ

過去にリリースされた古き良き時代の脱出ゲームが、グラフィックを強化してリニューアル!
以下、過去作リリース時のストーリー。

とある銀行が強盗にあい、10億円を強奪された。強盗グループは近隣の山中へ逃げたらしいが、未だに発見されていない。フリーライターである私はこの事件に興味を持ち山へ足を向けた。そして山中で周囲の景色にそぐわない立派な家を発見した。取材しようと思い、家を訪ねる事にした……。

脱出ゲーム 封印されたラブレター - The sealed love letter

過去にリリースされた古き良き時代の脱出ゲームが、グラフィックを強化してリニューアル!
以下、過去作リリース時のストーリー。

俺の住む町では、とある噂が広がっている。なんでも、廃屋の扉が夜だけたまに開いている事があるという。
その噂に興味をそそられた俺は廃屋へ足を踏み入れたのだが、建てつけが悪くなっていたドアが開かなくなってしまった……。

脱出ゲーム 幸せの代償 – The price of happiness

過去にリリースされた古き良き時代の脱出ゲームが、グラフィックを強化してリニューアル!
以下、過去作リリース時のストーリー。

彼との出会いは2年前。彼女がいる事も知っていた。だけど、私は彼との時間を何よりも幸せに感じていた。そんなある日、彼の彼女から突然の電話があり、話したいことがあると呼び出された……。

脱出ゲーム 絵画盗難事件

過去にリリースされた古き良き時代の脱出ゲームが、グラフィックを強化してリニューアル!
以下、過去作リリース時のストーリー。

ある日、祖父の形見の絵画が盗まれた。その絵は売れば数百万円はする代物だ。
近所の住人に話を聞くと、昨日の深夜、絵画を持った男がカフェバーの中に入っていったというが……。

脱出ゲーム 監禁 Imprisonment

過去にリリースされた古き良き時代の脱出ゲームが、グラフィックを強化してリニューアル!
以下、過去作リリース時のストーリー。

結婚式前日、突然彼女が姿を消した。
急いで彼女の部屋に向かったが、彼女の部屋で突然、男に襲われ監禁されてしまった。
一体どういうことだ!?
そして彼女はどこに行ったのか?

脱出ゲーム 心霊ジャーナル

過去にリリースされた古き良き時代の脱出ゲームが、グラフィックを強化してリニューアル!
以下、過去作リリース時のストーリー。

「これ人の顔じゃない? 心霊写真!」
「おそらくね。まあ、いつものことだよ」
渋面を作りながらも、心中は得意げな自分。ある事件が転機となり、僕の撮る写真には高い確立で幻姿が映り込む。
これも何かの宿命と自分に言い聞かせ、様々な心霊スポットに足を運び、今では心霊雑誌の花形レポーター。
今回、深夜訪問した人間は必ず霊に遭遇できると話題の高等学校。
自殺を余儀なくされた女子高生の霊が、頻繁に姿を現す理由とは一体何か。

脱出ゲーム 遺作 The Posthumous works

過去にリリースされた古き良き時代の脱出ゲームが、グラフィックを強化してリニューアル!
以下、過去作リリース時のストーリー。

ベストセラーを数多く残した有名推理作家が亡くなった。
数カ月後、ファンの為に彼の自宅が公開された。
推理作家として本も出している私は、尊敬していた彼の自宅を訪れた。
だが、作家の息子と名乗る男に閉じ込められてしまった。
全 27 件