アプリ紹介
apptitle
もじコネクト


絵の描かれたパネルを使ってしりとりをしていく、ファミコン時代の名作「ワギャンランド」のボス戦のようなゲーム。
魅力的なのは、1つのパネルに何通りもの読み方が用意されている事。なんと【ご飯】のパネルだけでも15通りの読み方があるという。

ルールはカンタン!パネルの絵から連想する言葉でしりとりをしていく。
文字数がそのまま得点となり、レアな読み方だとボーナス点が追加される。

制限時間は1分間。画面下に表示された最初の文字から始まるパネルをタップする。

棒人間のパネルは全ての文字に対応しているお助けパネル。
間違えてパネルをタップしてしまうと10秒マイナスのペナルティがあるので、ここぞという場面で役に立つ。

しりとりなので、当然『ん』で終わる言葉を選んでしまうとゲームオーバーになる。
思いのほか『ん』で終わる言葉が多いので、選択は慎重に。

「シークレット」に分類されるレアな言葉は青い文字で表示される。

ダメもとでタップしてみて、自分でも想像していなかった言葉が出てくる事があるので面白い。
背景が青くなる言葉は「スペシャル」に分類されるスーパーレアな言葉!
ちなみに画面上のヒントボタンを使うと1度だけ次に消せるパネルを教えてくれるが、その場合はレアではない言葉が優先されてしまう。

消した文字数はGameCenterのリーダーボードに対応している。



カテゴリ一覧

PAGE TOP